虫歯は治療ではなく、予防できる時代です!

歯医者で予防できる大人の虫歯予防

大人の虫歯となる原因

虫歯は、子供が多いという認識でいらっしゃるのではないでしょうか。
実は、約9割以上の大人の方には虫歯があり、40歳を超える方々は、虫歯の数が増えています。
大人が虫歯となる主な原因は、加齢や不適切なブラッシングによる歯茎の減退、歯の根元の露出があります。
露出した歯の根元は、やわらかい歯質であり、酸に溶けやすいといわれ、最も虫歯の進行が早く、影響を受けやすいといわれています。
口の中の細菌が糖質をエサとして酸を産生し、歯のエナメル質を溶かします。
プラークという細菌の集まりや歯ブラシが届きにくい場所である奥歯と奥歯の隙間などに虫歯ができやすいです。
歯科医師は、露出した歯の根元は、治療がしにくい部位であるため、虫歯によって歯を失うリスクが高いと注意を促しています。

大人のための歯を大切にする虫歯予防とは

セルフケアとしてあげられる方法は、砂糖を多く含む食品の摂取頻度を減らす、フッ化物を含んだ歯磨き粉を使用して歯磨きをする、デンタルフロスや歯間ブラシを使用するなどです。
歯ブラシを重点的に行うことも大切なのですが、残念ながら歯垢は歯ブラシのみでは全て取り切ることはできません。
複数のアイテムを使用することで、歯垢を取り除くということが大切になります。
ただ、セルフケアでできることをやっておいたとしても、完全とは言えず、不安ですよね。
この不安を拭ってくれるものが、歯医者による専門的なケア。
普段の歯磨きでは落としきれない歯垢を専門的な器具を使用してクリーニングを行います。
これは、Professional Mechanical Tooth Cleaning(PMTC)と呼ばれています。
表面の着色汚れやプラークをきれいにしてくれ、確実な虫歯予防ができます。


PAGE TOP