虫歯は治療ではなく、予防できる時代です!

子供の虫歯予防は、歯医者に通うこと

小さいころから、虫歯予防をする大切さ

なぜ、小さい頃から歯を大切にする必要があるのでしょうか?
子供の頃の歯の状態は、体の成長の一部を、担います。
例えば、虫歯がひどくなってしまった場合、歯を抜く必要があります。
この時、周囲の歯が空いたスペースに移動し、永久歯が予定とは異なる場所から生えてきてしまう可能性があります。
これが歯並びが悪くなる原因の1つです。
さらに、虫歯で噛むことができなくなるため、顎の発達にも影響が及び、骨の形成が上手にいかない可能性があります。
噛むことができない状態は、栄養成分を十分に食事から摂ることができなくなるため、栄養不足による成長不足の状態に陥るでしょう。
さらに、噛む回数、力が減少すると、脳への刺激も行きません。
脳の発達速度が落ち、勉学も悪影響を受けます。
このようなことから、子供の虫歯予防は、子供が元気に成長し、大人になっても元気に生きるための準備として重要の意義を持っています。

子供の虫歯予防

歯医者さんでできる予防として、1つめはフッ素塗布です。
乳歯や、生えたばかりの永久歯は、外部のエナメル質が弱く、虫歯になりやすいです。
特に、この時期は、高濃度のフッ素を塗布することが大切になります。
フッ素は、自然界に存在する魚や海藻、緑茶に含まれる元素。
効果としては、もちろん虫歯になりにくくする、酸による溶解を防ぐ、虫歯になりかけの修復を行うがあげられます。
おおよそ、3ヶ月から4ヶ月ごとを目安に塗布します。
また、シーラントと呼ばれる歯の溝をふさぐフッ素プラスチックを用いた予防もあります。
2つめは、定期検診です。
虫歯があるか、歯の生え方はどうかを確認します。
あらかじめ、状態を把握することで、現状に合わせた予防方法を知ることができ、虫歯の早期発見にもつながります。


PAGE TOP