虫歯は治療ではなく、予防できる時代です!

虫歯を予防する意味

アメリカと日本の予防歯科の考え方の違い

結論から紹介すると、アメリカは予防歯科という考え方が根強いです。
日本は、最近予防歯科という考え方が広がったという認識でしょうか?
この違いは、保険制度が関わっています。
日本には、国民皆保険制度があります。
これは、国民が誰でも、平等に保険内で、一定基準の医療を受けることができる制度です。
海外からも奇跡の制度と賞賛されています。
一方で、アメリカは任意保険であるため、支払った保険料によって医療の精度が異なります。
高額な保険料を払っていれば、より高度な医療を受けることができます。
ただ、家庭によっては低い収入から高い保険料を出すことが不可能なため、保険に加入していない方が多いようです。
つまり、病気にならないように、多額の保険料を払わないようにするために、アメリカは予防という意識が高いそうです。

歯医者の取り組み方

アメリカでは、虫歯になってから高額な治療費を払わなければならないため、予防が大切という話をしました。
つまり、アメリカの歯医者では、定期検診が重要視されています。
子どもは、生え始めや6か月以内、1歳までには小児の歯科検診を受けるように呼びかけられています。
大人の使命として、子供の歯の虫歯予防とも言われるほど、小児科歯科の予防歯科が重要視されています。
歯医者では、検診時に、フッ素入りのビタミン剤を処方したり、フッ素入りのタブレットタイプを処方したりなど、子供たちにフッ素を摂取してもらう機会を増やします。
また、アメリカでは、歯の汚れは外見のマイナス面となるため、すべての歯のクリーニングとホワイトニング、必要であれば矯正治療を行うような処置が歯医者では行われています。


PAGE TOP